1月, 2013年

ニキビ跡がクレーターになってしまったら

2013-01-01

大人の人がにきびになってしまうと、その経過しだいではクレーター状態に痕がなってしまう可能性がありました。こうなってしまったら自然治癒力ではどうしようもございません。 レーザー治療をしてみることをお勧めいたしましょう。
にきびができてしまって、その治療を行っている場合、治療が失敗する可能性がありますね。おもしろいのを紹介です。そうするとニキビ跡がクレーター状になってしまうことがありました。おもしろいのを列挙しますね。大人は10代の頃に比べて新陳代謝が活発ではありません。ですから傷も治りにくくなってしまいますのでできれば皮膚科などの専門医に相談してみることが大切となります。
主な治療方法としてはケミカルピーリングやレーザー治療などがありますね。おもしろいのを挙げますね。しかし初めてこの方法を行おうとする人にとっては、どの位痛みがあるのか、失敗しないのかどうしても躊躇してしまいます。
しかし、現在ではケミカルピーリングもレーザー治療もどちらもニキビ跡の治療としては確立しております。ので、さほど不安になる必要もないと思います。また治療には時間も費用もかかりませんので安心して治療をしてください。
しかし、こういった治療をしなくてもいい場合もありますなのでできれば形成外科、皮膚科などを受診して、自分の肌状態を診てもらい最適な治療方法を施してもらうことがいいと思います。
そうしてもまだ心配な場合だとしたら、セカンドオピニオン的な考えとして別の病院に行ってみて別な診断をもらってみることもお勧めします。

にきびの痕は残さないようにしよう!

2013-01-01

にきびというのは炎症を起こしている状態のことということです。しかしそれをそのまま放っておいてしまうと痕が残ってしまう可能性がありますね。にきびの痕が残ってしまう減少としては、にきびが炎症を起こして赤くなっている状態が長く続いていると、その赤みが引いた後茶色く色素沈着してしまいます。その上固くなってしまう場合もありますね。代表的なのを列挙です。
また、にきびを無理に押しつぶそうとしたり、引っかいて傷つけたりしてしまっては痕になって残ってしまいます。またこういった行為をしなくても、にきびがなかなか治らずに長引いてしまうと痕になってしまう可能性も高くなるのです。知ってた?
こういうように、にきびの痕が残らないようにするためには、にきびが出始めのときの白にきびや黒にきびのときに早めに治すということが大切となるので心がけておきましょう。また、にきびが悪化した場合でも焦らずに専門医に診せて適切な治療をするようにしましょう。
また治療方法にはレーザー治療を行ったり、ケミカルピーリングを行ったりと色々な治療法があります。それをやるのとやらないのとでは痕が残るか残らないかに差がでてきます。是非検討してみてください。
ここで気をつけなければならないのは、この治療方法は根本的な治療ではなく今あるものにたいしての治療手段なるのですのです。根本的に解決しなければ次々とにきびができてきてしまいます。ですから生活を改善していくとか根本的に解決するようにしていくことがとても重要なことということになるのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.