にきびと寝不足

1970-01-01

にきびや吹き出物と言った肌トラブルはストレスなどから来る寝不足と言うのも原因のひとつとされています。
にきびを悪化させてしまうと痕が残ってしまい、治すことも難しくなっていきます。なのでにきびができたときには適切な対処をしたり、にきびができないような予防をしたりすることが大切なんです。
一般的に見てみても10代と大人とは睡眠不足に悩むケースも格段に違い、大人になるとストレスなどが増え、体に負担になっていると言うことが分かります。
睡眠をコントロールする物質にホルモンのひとつであるメラトニンという物質がありますが、こどもの頃は体内にその物質が充分にあったために不眠症になるというケースが比較的少ないという考え方がありますね。おもしろいのをピックアップします。
加齢してくると徐々に体内からメラトニンの量が減少してくるために眠りが浅くなってしまったり不眠になってしまったりすると言うことが一般的には言わてます。
充分に睡眠を取らないといい体も作れません。だしと言って眠るために精神安定剤や睡眠薬などを接種してしまうと逆に肌には悪いためににきびができてしまう可能性もでてきて結果的に悪化させてしまい、ニキビ跡が残ってしまうという悪循環になってしまうかもしれないのなのです。知ってた?
では睡眠をきちんととるためにはどうすればいいのでしょうか?ストレスを緩和させるためにアロマテラピーを実践してみるとか、マッサージなどをしたり軽い運動をしたりしてストレスを緩和させ、質のよい睡眠を得るようになるかもしれませんので実行してみてはいかがですか。
よい肌にはよい睡眠が必要になるのなんです。ご存じ?

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.