ニキビ跡が発生してしまう経緯

1970-01-01

ニキビ跡。にきびを悪化させてしまった結果に起こるものです。
言ってしまえばにきびにさえならなければ、ニキビ跡も起こらないということになるのだよ。ご存じ?
ですからトラブルの大元のにきびができるのを予防したり、にきびができても治療したりすることがとても大切なんということです。ご存じ?
ニキビ跡が発生してしまう経緯は以下の通りとなりますので参考にしてみてください。
【にきびができる】

【炎症が進んでしまう】

【にきび菌が増殖してしまう】
※皮膚が弱くなってしまうためにさまざまな菌が入る可能性も高くなります。

【膿胞へ変化する】

【組織の破壊】
※菌が皮膚の真皮部分にまで達してしまい、組織を破壊していきます。

【表皮細胞の活性化】
※皮膚が再生しようとして活性化する現象だよ。

【色素の細胞の活性化】
というような流れでニキビ跡ができてしまうというキモの部分になります。
また、ニキビ跡ができてしまう原因としては、にきびケアが間違っている場合、にきびを放置した場合、寝具など肌に触れるものが不潔なため菌が増殖してしまった場合、などが挙げられます。
にきびは悪化させてしまうと痕になってしまう可能性が高いので、にきび治療とニキビ跡治療を並行に行っていくとより効果的なのではないかと思います。
にきびができる原因、できる流れをよく把握するようにして、にきび自体を甘くみないようにして治療を進めていくことが、結果的にきれいな肌が取り戻せることに繋がるということになると思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.