ニキビ跡の種類と予防

1970-01-01

ニキビ跡には大きく分けて3つの種類があると言われています。
どういう種類があるのかというのは以下のような種類があります、一部を挙げますね。
・ニキビ跡がケロイド状に盛り上がってしまっているもの。
・にきびが炎症を起こしてしまい、肌組織を壊してしまって治る過程でクレーター状にへこんでしまったもの。
・にきびの痕が色素沈着してしまい、黒ずんでしまったもの。
こういったニキビ跡はできてしまったら自然治癒が難しかったり、治療してもなかなか治らなかったりします。
コスメグッズなどでニキビ跡を隠したりするのにも、限界があると思います。クレーター状や盛り上がってしまったニキビ跡に関しては最悪の場合、一生消えない可能性もあります。なのでできれば予防をする方を重点的に考えてみるのがいいと思います。
まず大事なことはにきびができないようにすることで~す。ご存じ?もしできてしまったらそのにきびを引っ掻いたり、潰したりしないことで~す。知ってた?
また、常に肌を清潔に保つよう心がけ、脂肪分や糖分などの過剰摂取を控え食生活や生活リズムなどを整えることも大きなポイントとなります。
また皮脂と汗のバランスをとることも肌には大切ですのです。だし夏にはクーラーに当たりすぎたりして肌が乾燥してしまうことを防ぐようにしましょう。
またもともと乾燥肌の人など水分が少ない人は洗顔に皮膚の脂を取りすぎないように弱酸性の洗顔料を使用したり、化粧水などで水分補給をしてあげたりすることがにきび防止に繋がります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.