ニキビ跡の色素沈着がテーマです。

1970-01-01

にきびが治った後にできる可能性のあるのが「ニキビ跡」なんです。ご存じ?
ニキビ跡には何種類か種類があるようだよ。
その中でも色素沈着してしまう「ニキビ跡」について以下で説明してみたいと思います。
にきびもできてすぐ治るのならばともかく炎症を起こしてしまって長引いてしまい、やっと治ったと思ってにきびができていた部分を見てみるとシミのようなものができていることが見つけました。これはにきびの痕が色素沈着してしまったために起こるもので~す。ご存じ?
色素沈着しないためにはできてしまったにきびを早めに治すことで解消されるのです。しかしにきびを治すためにはからだの新陳代謝を促進させる必要があると言える。
代謝がよくなることでにきびも初期段階であれば早めにニキビ跡も残らずに治すことが可能になってきます。
しかしにきびがなかなか治らずに長引いてしまった場合、色素沈着やクレーター状になってしまってニキビ跡になってしまう可能性がありますね。おもしろいのを挙げますね。
ですからこんな重症になる前になんらかのケアをする必要があります。ですが、皆が皆色素沈着してしまう訳ではないです。個人の肌質にも依存します。一概に皆が同じような症状になるわけではないと言うポイントと言ってよい。
ニキビ跡の色素沈着を予防または改善するためには代謝をよくすることが一番だと思います。だから、イオン導入やケミカルピーリングやビタミンCの導入などを行ってみて、新陳代謝機能をうまく使って色素沈着を改善させていくのがいいと思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.