ニキビ跡はなぜできるのか?

1970-01-01

にきびで思い浮かべるのは、10代の人によく出ているといったイメージがありますよね。そのとおり、にきびは思春期の男女の多くの人にでていて、思春期には性ホルモンの分泌が増加されるのです。そして 皮膚の脂の分泌も多くなるということが原因ということです。知ってましたか?
皮膚の脂が増えると毛穴を塞いでしまいます。そうなると後からでてきた皮膚の脂が皮膚の脂腺から出られなくなり、にきび菌と交じりあって色々な炎症を起こすようになります。これがにきびと言う要点だ!と言い切りたいくらいです。
にきびができてしまうと気になって触ったり、潰したりしてしまう人がいますがこうしてしまうと痕が残ってしまう可能性が見つけました。おもしろいのを挙げますね。
にきびは10代の思春期の時期にしかできないと思っている方がいたらサクッとわかりやすく表現すると、間違いで~す。ご存じ?
20代でも30代でもにきびができる人はできてしまいます。この差は遺伝的要素があるようです。
思春期のときのにきびはともかく、大人になってからのにきびは放っておいてしまうと炎症も酷くなってしまったり、治りにくくなってしまったりしてしまいます。
そうなると、ニキビ跡が後から後からできてしまい、最悪の場合には消えなくなってしまう可能性もあるのです。
ですからきちんとケアや治療をするようにしてできてしまったにきびの痕を残さないようにすること、またはにきびをできないようにすることがとても大切になるので~す。知ってた?
にきびができてしまったら「たかがにきびでしょ」と軽く見ないようにすることが後々きれいな肌を守る秘訣となります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.