ニキビ跡を残さないためのにきび予防

1970-01-01

ニキビ跡。シミのように色素沈着していたり、凸凹してクレーター状になってしまったりして本当に悩みの種だと思います。
思春期の頃にできるにきび。ホルモンの分泌が盛んな時期に皮膚の脂が。分泌され、毛穴に皮脂が詰まってしまって炎症を起こしにきびになってしまうというケースが多いです。
そのにきびを適切な処置をしないがためにニキビ跡になってしまうケースが多いのです。元となるにきび自体をきちんと予防することから始めてみるのがいいと思います。
まずにきびを予防する上で大事なことは肌を清潔にすることです。洗顔はきちんと行い、汗をかいたら放っておかずに拭き取るようにすることからやってみてはサーチしてみましたか?
また、できてしまったにきびのケアにはエッセンシャルオイルなども効果があり、ラベンダーやティートリーなんかが殺菌作用もあり効果があると言われています。
活用のしかたです。エッセンシャルオイルを薄めないで直接綿棒につけ、ポツポツとしたにきびに直接つけてください。何日間か続けているとにきびの炎症が治まります。
またエッセンシャルオイルを使用するときには直接肌につけてはいけないものもあります。なので取り扱いには充分注意するようにしましょう。
またスチームバスなども皮脂の詰まりを解消するためにはグッドかもしれませんよ。熱いお湯を洗面器に入れ、ティートリーを2~3滴ほど入れ、蒸気を顔にあてます。
興味があれば試してみてください。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.