ニキビ跡治療に新型ビタミンC 誘導体

1970-01-01

ニキビ跡の治療方法として有効なものに新型ビタミンC誘導体と言うものが見つけました、一部を挙げますね。
これはニキビ跡に効果があると言われているリン酸型ビタミンC誘導体にパルチミン酸を結合したものです。さらに効果が期待できるものです。
他にアプレシエやAPPSとか呼ばれているみたいです。
お肌への浸透効果ですが普通のビタミンC誘導体と比べてリン酸型ビタミンC誘導体は10倍の浸透率、新型ビタミンC誘導体はさらに100倍の浸透率と言われていますから通常の1000倍の浸透率ということなんです。
効果はリン酸型ビタミンC誘導体と同じようでメラニンを薄くしたり、コラーゲンを生成したり、抗酸化作用があったりということでニキビ跡に効果があります。効果はリン酸型以上ありますのでさらに嬉しいビタミンC誘導体だと思います。
このAPPSローションはなかなか届かないと言われている肌の真皮層部分にまで届く有効構成物で、にきびやニキビ跡の治療はもちろんのこと、アンチエイジングとかで注目を浴びているようです。
また、靴の知識がない店員による販売されているものにAPPSローションと言うものがあります。また違う考えたかをすれば、これは使い方も簡単で通常の化粧水のように顔にまんべんなくつけてあげるだけでいいみたいです。さらにフェイスマスクやホットパックなども併用させるとさらに浸透率が上がります。
個人差があります。しかし、まれに刺激を感じてしまう人もいるようですのです。 ミネラルウォーターなどで薄めたものを使用するなどして肌を慣れさせてあげるようにしましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.