紫外線とニキビ跡

1970-01-01

ニキビ跡と紫外線がテーマ説明してみたいと思います。
紫外線をよくUVと言います。また違う考えたかをすれば、これは太陽光に含まれている目に見えない光材料の。この光原料には強いエネルギーが含まれているようです。
紫外線には3種類の種類があって、紫外線A波と言われるUVA、紫外線B波と言われるUVB、紫外線C波と言われるUVCがありました。
紫外線3種類のうち、UVCはオゾン層で既に吸収されてしまうために、私たちのところまで届くことはないので~す。たは。ですから私たちが肌で感じることができる紫外線というのはUVAとUVBの2種類になります。これがにきび肌にダメージを与えたり、ニキビ跡を残しやすくしたりしてしまう原因となるのです。
UVAという紫外線は波長の長い紫外線です。たは。この紫外線を浴びてしまうと、ヒアルロン酸が分解されてしまいます。このヒアルロン酸というのは肌の水分保持に関係している構成物で無くなってしまうと肌の乾燥が進んでしまい、肌が硬くなる可能性がありました。肌が硬くなってしまうとにきびの痕も残りやすくなってしまう肌質になる可能性があるということになるのなのです。たは。
またUVAはコラーゲンなどの肌弾力に関係ある原料も壊してしまうために、にきびの痕を凸凹状にしてしまう原因となるのです。
ですからニキビ跡を残さないようにするためにも、外出をするときだけでなく毎日のお手入れとして紫外線対策をするようすることをよさげします。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.